次亜塩素酸水「ルピクリン」は安全?効果や口コミは?

ルピクリンの効果や口コミ

アルコール消毒液やアルコールジェルが品薄で入手困難になっています。
そこで、代替品として注目されているのが「次亜塩素酸水」です。
さまざまなメーカーから次亜塩素酸水が出ていますが、「ルピクリン」もその一つです。
でも、「ルピクリン」って安全なの?効果はあるの?という不安に思っている方もいると思います。
そこで、ルピクリンについて調べてみました。
ルピクリン

ルピクリンは安全?


厚生労働省では、新型コロナウイルスの感染予防策として、手で触る機会の多い物品を、0.05%の次亜塩素酸ナトリウム(薄めた漂白剤)で拭いた後、水拭きするか、アルコールで拭くことを推奨しています。[注1]
ここで注意したいのが「ルピクリン」は「次亜塩素酸水」だということ。
次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムを同じものと考えている人もいるかもしれませんが、違います。
次亜塩素酸ナトリウムを薄めても次亜塩素酸水にはなりません。
そこでまずは、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いを簡単に解説します。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い

「次亜塩素酸水」は塩酸または食塩水を電解した水溶液で、殺菌成分「次亜塩素酸」を主成分とします。
一方、「次亜塩素酸ナトリウム液」はハイターのような塩素系殺菌剤の一つです。
どちらも、同じ殺菌成分を含み、インフルエンザウイルスやノロウイルスに効果が実証されています。
次亜塩素酸水は弱酸性なのに対して、次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性です。
次亜塩素酸水は用途によって最適な濃度はありますが、そのまま使用できます。
一方次亜塩素酸ナトリウムはそのままでは使えず、水で希釈する必要があります。[注3]

「ルピクリン」は安心・安全

  • 安全な濃度

「ルピクリン」は有効塩素濃度は「50PPM」です。
肌にやさしいpH5.0~6.5 の弱酸性なので、人体はもちろんペットにも直接安心して使うことができます
手荒れの心配もありません。
また、次亜塩素酸水は日本では平成14年6月に食品添加物として指定されています。[注2]
ルピクリンの次亜塩素水は厚生労働省が定義する微酸性次亜塩素酸水なので、食材にも使用できます

  • 環境に優しい

ルピクリンは噴射後、数秒~数十秒後で除菌効果を発揮し、その後、たんぱく質などの有機物に触れると分解されて普通の「水」に戻ります。
大量に使用しても排水処理に影響がありません。環境にやさしく低コストで安心して毎日使えます。

ルピクリンの会社は?

ルピクリンを販売しているのは、株式会社GMEという会社です。
がんやHIV、感染症の検査を行う、郵送検査会社です。
登録衛生検査所(高崎市登録第 54 号)が運営していて、信頼できます。

【参考文献】
[1]「新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)」,厚生労働省,(最終閲覧日:2020/05/27)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00009.html
[2]「次亜塩素酸水」,厚生労働省,(最終閲覧日:2020/05/27) https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002wy32-att/2r9852000002wybg.pdf
[3]「次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性 に関する資料」 ,厚生労働省,(最終閲覧日:2020/05/27) https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/08/dl/s0819-8k.pdf

ルピクリンの効果は?


「ルピクリン」は低濃度の次亜塩素酸水ですが、高い除菌効果を発揮します。

「ルピクリン」の除菌試験では、カビや緑膿菌など一般的な細菌だけでなく、大腸菌O157、サルモネラ菌、ボツリヌス菌、アルコールでは効果が低いノロウィルスなどの有意な減少がみられました。

また、商品の品質を保つため、除菌効果が最も発揮されるように注文日に作られています。
強力な除菌効果と安全な性質を保つために3 ヵ月以内に使い切ることが推奨されています。

ルピクリンのメリット

ルピクリンの効果や口コミ
  • 薄める必要がない

次亜塩素酸ナトリウムは薄めないといけませんが、次亜塩素酸水は薄めずそのまま使用することができます。

  • 手荒れしない

次亜塩素酸水は弱酸性なので、肌に優しく、肌荒れの心配がありません。

  • 水拭きの必要なし

次亜塩素酸ナトリウムは金属を腐食させてしまうので、消毒後に水拭きする必要があります。
でも、次亜塩素酸水は消毒後、水に変化します。そのため、水拭きの必要がなく手間がかかりません。

  • 塩素臭がほとんどない

また、塩素臭もほとんどしないので、塩素臭が気になる人も安心して使えます。

  • 環境に優しい

前述したように、消毒後、水に戻るので大量に使用しても排水処理に影響がありません。

ルピクリンの使い方

「ルピクリン」は一般家庭はもちろん、一般企業やデイサービス、食品工場、保育園などさまざまな場所で使われています。
薄める必要はなく、そのまま使用することができます。

  • 手の触れる部分を消毒

ドアの取っ手やノブ、テーブル、ベッド柵など手で触れる部分にスプレーします。
スプレーする量は、対象物の表面に水滴が付く程度が目安です。

  • 手指の消毒

次亜塩素酸水は人体に無害な成分なので、手指消毒にも使えます。

  • 汚物・吐しゃ物の処理

十分にスプレーして汚物を除去した後に、もう一度スプレーして拭き取ります。

【ルピクリンの注意点】
・紫外線に弱いので、商品が到着したら直射日光を避けて冷暗所などで保管してください。
保管条件によって成分濃度が下がることもあるそうです。

・強力な除菌効果と安全な性質を保つために3ヵ月以内に使い切ってください。

ルピクリンの口コミ

アルコールや消毒液がどこも売り切れで、探していたところルピクリンを見つけました。
職場ではどうしても必要なので助かりました。
どこも品切れで手に入らず諦めかけていましたが、こちらで購入出来て助かりました。
デイサービスで使用しています。たくさん使用するのでとても助かりました。


↓こちらの美容院でも消毒に「ルピクリン」を使用しているそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masami Yagi(@masan1585.3)がシェアした投稿