ヘルメットオーディオ「HEAD WAVE TAG」の口コミや評判は?レビューを検証!

headwaveの口コミレビュー
オートバイのヘルメットオーディオ「HEAD WAVE TAG」ってどうなの?
実際使ってる人のレビューが知りたい!
そんな方のために、今回は「HEAD WAVE」の口コミやレビューをご紹介します。

「HEAD WAVE TAG」の口コミ・レビューを検証!

ドイツで開発されたオートバイのためのヘルメットオーディオ「HEAD WAVE」。
口コミやレビューを検証したいと思います。
HEADWAVEヘッドウェーブ

Instagramの口コミ

↓スマホとBluetoothで繋いで、手持ちのフルフェイスの後頭部に押し当てて音楽流してみたそうですが
「これスゲー!
ヘルメット全体がスピーカーになったような感じw」とのこと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

K.Ikeda(@kattsun1313)がシェアした投稿

ヘルメットの中がスピーカーみたいになるから音も響き渡ってすごく綺麗とのこと。
外の音が聞こえなくなるのが嫌で音楽は聴かない派だったそうですが、HEADWAVEは耳に直接くる感じではないので、外の音もしっかりと聞こえて安心だったそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

葉月美優*•.❥(みうみう)(@miu_haduki)がシェアした投稿


デザインもかっこよくて、ヘルメット全体から音が聞こえてきて今までにはない感じだそうです。
ただ、音量を上げると音漏れしてしまうから恥ずかしいとのこと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

おみつ ◡̈︎(@mcl_s1000rr)がシェアした投稿

HEAD WAVEレビュー

  • HEAD WAVEの音質は?

音響振動システムによって、ヘルメット自体を振動させているので、音が反響し、音楽に包み込まれるような感覚を体験できます。
まるでコンサート会場やライブハウスにいるかのようなパワフルなサウンドを感じることができます
特に、来のヘルメットスピーカーでは聞こえにくい重低音も楽しむことができるところが◎
もちろん、走行中も問題なくクリアに聞くことができます。
ただ、風切り音が気になるヘルメットだと、少し聞こえにくさが出るかもしれません。

↓音の良さに驚かれるとのこと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@RaGl(@ragl)がシェアした投稿

  • 音漏れは?

音響エネルギーを内部に向けているので、極端に音漏れすることはありませんが、多少は外部に聞こえてしまいます。
ボリュームはスマホで設定しますが、大音量にすると結構音漏れしてしまいます。
走行中はあまり気にならないかもしれませんが、停車中の音漏れが気になるという場合は、本体下部のボタンを押せば、一時停止することができます。
もう一度押せば再生されます。

  • ナビ音声は聞こえる?

GPSと接続して音声ナビを使用することもできます。
ナビが流れる時は、BGMの音が小さくなるので、ナビもしっかり聞くことができます。
また、インカムを付けていても、音楽を聴きながらインカムの声もちゃんと聞こえます。

  • コードは必要?

ヘルメットに装着してBluetoothに接続するだけなので、コードはいりません。
ヘルメット内部にも何も必要なく、面倒な配線やヘルメットの中にコードをしまう手間もありません。

  • 耐久性は?

防水・防塵はもちろん、バイクで踏んでも壊れません。
気温は-15℃~50度まで使用可能。
さまざまなシーンで使用できます。

  • 重くない?

HEAD WAVEのサイズは123mm x 61mm x 23mm、重さは約147gと軽量。
なので、ヘルメットが重いと感じることもありません。

  • どんなヘルメットにも付けられるの?

装着は強力接着テープでヘルメットの外側に付けるだけ。
さまざまな素材に対応していて、HEAD WAVEは少し湾曲するので、どんなヘルメットの曲面にも貼り付けることができます。
メーカーテストによると、時速300kmの走行にも問題はないそうです。

  • HEAD WAVEは取り外せるの?

取外しも可能です。でも、一度剥がしたら、接着テープの再利用はできません。
HEAD WAVEには予備の接着テープが2枚付いてきます。
HEAD WAVEの上部を優しく引っ張ると、ゆっくり外れます。←ただ、剥がすのが大変だったという声もありました。
完全に取り外せたら、接着テープを丁寧にはがします。
改めてヘルメットに取り付ける場合は、接着面をきれいに拭き取り、予備の接着テープを取り付けます。
取り外した後に粘着物が残ったり、傷がつくことはないので安心です。

  • バッテリーはどれぐらい持つ?

駆動時間は4〜6時間です。

HEAD WAVE TAGの取り付け方法

HEAD WAVEは取扱説明書も付いているので安心です。
さまざまな言語で書かれていて、もちろん日本語表記もあります。
変な翻訳の日本語ではないので大丈夫。
約2分で装着することができます。
①本体に接続して充電する。
まず、取り付ける前に充電ケーブルを本体に接続して充電します。
本体の下に磁気充電コネクタがあります。
めずらしい磁石式なので、充電ケーブルがピタッとくっつき接続しやすいです。

②ヘルメットを拭く
まずは、HEAD WAVEを設置するヘルメット後部の中心部分を探します。
設置場所が決まったら、付属のシートでふき取ります。油分やほこりが残らないよう綺麗にふき取ります。
その後、十分に乾かします。

③ヘルメットに取り付ける
HEAD WAVEについている接着テープのフィルターをはがします。
ヘルメットに垂直にしっかりと貼り付けます。
ヘルメットの形状によっては、接着部分に隙間ができる場合があるので、その場合はHEAD WAVEの両端を持ってヘルメットの形状に合わせて押し付けながら取り付けます。
HEAD WAVEは少し湾曲するようになっていて、どんなカーブのヘルメットにもフィットするようになっています。

HEAD WAVEの使用方法

①HEAD WAVEの電源を入れる
HEAD WAVEのボタンを一度押して電源を入れます。
電源はHEAD WAVEの下についています。電源が入るとLEDが緑色に点灯します。

② Bluetoothとペアリング
スマホのBluetooth設定画面に「Headwave TĀG」と表示されるのでタップします。
もしキーが必要な場合は、0000を入力します。
接続モードではLEDが青色に点滅し、ペアリングが完了するとLEDが緑色に変わります。